ピルとは、経口避妊薬で避妊効果の他にも色々なメリットがあります。まだまだピルについて知らない女性は当サイトをみて、ピルについて学んでください。それでは、ピルの作用などについてご紹介していきます。

多様な薬

女性が自分で自分の身を守る一番確実は避妊方法は、ピルです
ピルは、経口避妊薬で、避妊を目的とした飲み薬で、日本では医師による処方が必要となる自費診療となります。
毎日服用することで、ほぼ確実に避妊効果を得ることができ、女性が自ら自分の意思で避妊を選択することができる薬と言えます。
ピルの中でも、低用量ピルは、副作用を大幅に軽減した安全性の高いもので、生理痛の軽減や生理不順の改善、月経前症候群の緩和、子宮内膜症の改善など数多くのメリットを持っています。
安全なピルの飲み方としては1日1錠、毎日忘れず同じ時間に飲むことが重要となります。
時間帯によって効果が変わることはないので、自分の決めた時間に服用するようにしましょう。
ピルを服用することで、妊娠した時のようなホルモン環境を作り、着床や排卵を抑制し、避妊が可能になります。
ただ、ピルも薬なので、副作用もあり、頭痛や吐き気、乳房の張り、ニキビなどの軽度なものから、乳ガンや子宮ガン血栓症などの大きな副作用が現れる場合もあります。
低用量ピルは、避妊を目的とした薬ですが、それ以外にも、生理の周期が規則正しくなったり、生理痛や月経前症候群の軽減、子宮内膜症や子宮体ガン、卵巣ガンの発症頻度の低下などの効果が期待できます。
また、そのほかにも、ニキビや多毛症の改善効果もあり、服用することで、美肌を手に入れることができるのも特徴です。
これは、ピルを飲むことで、子宮内膜があまり厚くならないうちに月経が起こるため、出血量が減り子宮の収縮も抑えられて月経痛が軽くなり、子宮内膜症になりにくくなると考えられています。
また、生理の周期が規則正しくなるため、生理不順の治療効果もあり、男性ホルモンの作用を抑えるため、ニキビや多毛症を減らす効果もあります。

アーカイブ
サイト内検索