ピルとは、経口避妊薬で避妊効果の他にも色々なメリットがあります。まだまだピルについて知らない女性は当サイトをみて、ピルについて学んでください。それでは、ピルの作用などについてご紹介していきます。

ピルで鬱になるの?正しい使い方をすると大丈夫!

カプセルを持っている女性

低用量ピルは、OCとも呼ばれ、避妊と生活改善に役立つライフデザインドラッグとも呼ばれています。
エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンを含んだ薬で、正しく服用すれば、ほぼ確実に避妊効果を得ることができるとされ、女性が自分の意思で避妊できる方法です。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンによって、排卵を抑制し、膣内の粘液を減少・粘性アップ、子宮内膜を厚くしないといった3つの働きによって、避妊効果を得ることができます。
また、低用量ピルは、ホルモンバランスを整えることで、月経が軽くなったり、月経痛・子宮内膜症・月経前症候群の改善など、女性にうれしいメリットもあります。
ピルの服用をやめれば、3~4ヶ月で妊娠が可能な体に戻ります。
低用量といっても、薬ですから、副作用のリスクはあります。
主に、吐き気やだるさ、頭痛、不正出血、むくみなどのつわりに似た症状が現れることがありますが、ほとんどが軽い症状で住むことが多く、1ヶ月ほど飲み続けるうちに、徐々に解消されていきます。
よく、ピルを服用すると不妊になる、太る、ガンになるという噂がありますが、そういった副作用はありませんから、安心して服用することができます。
現在主流となっている低用量ピルは、ホルモンの含有量がぎりぎりのラインまで抑えられているため、副作用がでにくく、手軽に服用する事ができますが、中用量や高用量のものは、より強い副作用がでる可能性が高くなります。
ピルを飲み始めると、副作用として鬱が引き起こされることがあり、倦怠感に悩まされ、集中できない状態が起きてしまうことがあります。
まだ鬱との関係については、解明されていない部分もありますが、人工的に女性ホルモンが投与されていることが関係していると考えられています。
もし、鬱症状が現れた場合には、産婦人科の医師や心療内科の医師に相談しましょう。