ピルとは、経口避妊薬で避妊効果の他にも色々なメリットがあります。まだまだピルについて知らない女性は当サイトをみて、ピルについて学んでください。それでは、ピルの作用などについてご紹介していきます。

避妊に成功するピルは甲状腺機能完遂症に処方されない

女性の体内では、女性ホルモンの働きによって、一定の周期で排卵が起こり、妊娠が可能な状態を保っています。
妊娠すると、排卵はストップしますが、この働きを利用したものが、ピルとなります。
ピルの主成分は、エストロゲンとプロゲステロンで、排卵や妊娠のシステムをコントロールしています。
ピルを服用することで、女性ホルモンが脳の視床下部や下垂体に働きかけて、妊娠と同じ用な環境を作り出し、それによって排卵を止めます。
排卵をしませんから、妊娠を防ぐことができますし、子宮の入り口にある子宮頚管の粘液を濃くして、精子が子宮に入り込むのを防いだり、子宮内膜の増殖を抑えることで、受精卵の着床を防ぐことができます。
このように、ピルを服用することで、妊娠を何重にも防ぐ効果があります。
ピルのメリットは、正しく服用することで、ほぼ100パーセントの確率で、避妊に成功させることができます。
また、ほかの避妊方法よりも高い効果があるだけでなく、生理不順や生理痛、月経前症候群、子宮内膜症などの改善にも効果があり、卵巣ガンや子宮体ガンの発生率も低くなると言われています。
ただ、薬である以上、副作用が起こる可能性もあります。
軽度な場合、吐き気や頭痛、不正出血、倦怠感、乳房の張りなどのつわりににた症状があります。
一般的には、2~3ヶ月ほど経過すれば、体がピルになれてくるため、徐々に治まっていきます。
日本では、副作用の危険性を考慮して、医師の処方がなければピルを購入することはできません。
また、ガンの疑いがある人や、かかったことがある人、高血圧症、心臓や肝臓に疾患がある人、甲状腺機能完遂症や糖尿病などの内分泌疾患がある人には、処方しない場合もあります。